ログイン

ホームページ会員の方のログイン画面です。

アカウント
パスワード

いつも笑顔で

On: 2014-10-13 23:40:00

前から先輩にラジコンの極意をいろいろ教えてもらってましたが
も一度新しいマシンをつくってみよ~~かなっと
ラジコン専門店へ行ってきました

シャーシは前と一緒でTT-02にしようかと
そしてBODYはこれ!
一目ぼれしちゃいました
La フェラーリ

【 世界で選ばれた500人目のドライバーになる 】 F1フィールドで培ったテクノロジーを惜しみなく投入して開発された499台の世界限定モデル、ラ フェラーリ。排気量6262ccのV12エンジンにHY-KERSと呼ばれるハイブリッドシステムを組み合わせ、963馬力の圧倒的なパワーを発揮するこのフェラーリの新たなフラッグシップを再現した電動ラジオコントロールカーの組み立てキットです。彫りの深いダイナミックな面で構成された魅惑のフォルムをポリカーボネートでリアルにモデル化。長いステーが特徴的なドアミラーをはじめ、ヘッドライトケースやテールランプは別パーツで用意して、スケール感の高い仕上がりです。シャーシは組み立てやすく、コントローラブルなシャフトドライブ4WDのTT-02。実感のボディと扱いやすい走行性能で、500人目のオーナー気分にたっぷり浸れる1台です。


【 操縦性に優れセッティングも楽しいシャフトドライブ4WD、TT-02シャーシを採用 】 シャーシはシャフトドライブ4WDのTT-02。走行用バッテリーを左、モーターを右に縦置きにレイアウトした好バランス設計により操縦安定性に優れ、サスアームやアップライトを左右共通化して組み立てやすく、上下分割式のギヤケースなどにより整備性にも高い構成となっています。さらに、パーツの組換えなどによりホイールベース、車高、トレッドがそれぞれ2種類選べ、10種類の幅広いギヤ比が選択できるモーターマウントなどセッティングも楽しめます。また、ホイールハブはブレーキディスク風のデザインとし、実車のレーシングカートのバンパーをイメージしたフロントバンパーサポートを装備するなど、遊び心も盛り込んでいます。

【 基本スペック 】 ●全長459mm、全幅192mm、全高118mm ●ホイールベース257mm ●タイヤ幅/径=前後とも27/67mm ●フレーム=船底形状バスタブタイプ ●駆動方式=縦置きモーター・シャフトドライブ4WD ●デフギヤ=前後とも樹脂製4ベベルタイプ ●ステアリング=3分割タイロッド式 ●サスペンション=4輪ダブルウィッシュボーン ●ダンパー=前後ともフリクション ●ギヤ比=キット標準8.27:1(別売のピニオンと組み合わせて11.38:1~7.28:1までの10種類のギヤ比が選択可能) ●モーター=540タイプ ●スピードコントローラー=ESC仕様(TAMIYA HP参照)



また先輩のブログを見ながら
今回は失敗しないように作りましょう!

それにしてもBODY かっこよすぎる

ついでに走行中のレース風景も見学に!
そこでびっくり!

ミニ四駆をすごく楽しそう!
ミニ四駆と言っても
手入れの仕方・マシンの作り方などで走り方が全然違うみたいです
まどまだ初心者なんでわからないこと多いです!
ラジコンもミニ四駆も何かを作るってなるといろいろ奥が深いですね!

戻る

 

この記事は http://kokorokirarininaro.blog.fc2.com/blog-entry-227.html でもご覧いただけます。

 

 
 

Advertising

キーワード検索

検索: