ログイン

ホームページ会員の方のログイン画面です。

アカウント
パスワード

Tom's Moderu ラヂコン記

On: 2016-04-11 01:59:01

友達がウイリーを持ってきたので調整しながら走らせてました。
20160409160355.jpg
出来るだけボディー位置を下げるために、 前のバンパー 男前切りしています。
ジムニーは車高を下げるためには、バンパーがどうしてもタイヤに擦ってしまうのです。
出来るだけ下げるとの決意の結果切断です(笑)

バンパー切るとちょっと 男前に!!
20160409160433.jpg
タイヤはスタジアムブリッツア―の後輪を前後に仕組んでる仕様です。
前後に仕込む場合は、WR-02Gの形をフロントに施します。

見た目ですが少し タイヤの位置が前よりに見える。。
20160409160451.jpg
リアを少しロング化すれば、タイヤの位置があうのではないかと
ちょっとだけ 行き当たりばったり改造をします。

リアのつけ方を反転するだけの簡単改造
20160409165338.jpg
このパーツを反転させて取り付けます。
いる部品は、少し長めのドッグボーンとオイルダンパーを止める方法を少し変更しないといけません。
家になんとなく部品がいっぱい余ってますので なんとか 何とでもなります。

20160409165342.jpg

さささっと 改造完了
20160409165743.jpg
丁度良い位置に来た感じです。

自分のではないので、攻め込めないのですが、触った感じは、
安定度は抜群で全くこけないです。 ロングホイルベース化に伴い フロントが持ち上がりにくいです。
0発進なた ウイリーはしますが、やはり 少量の持ち上げになります。

ウイリー―を 犠牲にした分 曲がりでの攻め込み度はかなり上がります。
握るとノーマルの場合 フロントが浮き気味になると ドアンダーなのですが、
このWR-02は、持ち上がりにくいのでガンガン曲がれます。

スポチュンで走っていますが、23ターンも試しましたが、なかなかの 走りっぷりでした。
540規定で走らせていますので、私のは、改造はしませんが、こういう ウイリーもかなりありだと思います。。





戻る

 

この記事は http://toms-rc.jp/blog-entry-928.html でもご覧いただけます。

 

 
 

Advertising

キーワード検索

検索: