ログイン

ホームページ会員の方のログイン画面です。

アカウント
パスワード

G フォース から発売された ライブ カム ドローン を買ってみました。
IMG_8961.jpg
LIVE CAM DRONE ASSEMBLY KIT DX


以前に、京商の Quattrox candy (クアトロックス キャンデイ) を買って
飛ばす練習をしていたのですが・・・

なかなか難しくて・・・


自分で組み立てて、飛ばせるドローンがあるよ・・・と友人から聞き
購入価格も \9,800 とお手頃だったので・・・

IMG_8966.jpg
少し大きくなったからといって、スムーズに飛ばせるかどうかはさておき・・・
このサイズで(全長:74mm 全高:38mm 全幅:74mm ローター全長:58mm 総重量:37g)
なんと、カメラがついております・・・。

そして・・・ 購入を決めた一番の理由が・・・
気圧センサーによる 高度自動維持機能 がついていることなのであります。
これなら・・・ ヘタッピなワタクシでも、なんとか・・・
マシに飛ばせることができるのではないかしらん・・・という
安易な思い込みで・・・ww

ポジティブな思い込みは、時として、思いもよらぬ効果とパワーを発揮する・・・という
個人的持論を証明するため・・・げっちゅ であります。

今回、私が買ったのは、送信機がついている DX (デラックス)のほうなのですが
送信機なしの STD (スタンダード)もあります。
スマホで操縦するよん・・・という方は、このスタンダードキットにすれば、もっとお手軽価格になりますよ。

IMG_8967.jpg
Wi-Fi でスマホに接続すると、スマホのタッチ画面で操縦することができるようになります。

そして・・・
写真や動画を撮影することができるようになり、
LIVEビューモニター にすると、スマホの画面で、ドローンからの映像をリアルタイムに見ながら
飛行を楽しむことができるのであります。

このサイズ、この価格で、この仕様は スゴいのではないかと・・・

箱を開けると・・・
IMG_0140.jpg
入っていたパーツはこれだけで・・・
これで、飛ぶの? ・・・と、不安になりつつ・・・

さらに、取説を開くと・・・
組立の説明は、見開きの 2ページだけであります・・・。
IMG_0141.jpg

ううむ・・・・。
これなら、本当にワタシでも作れそうです。

・・・・ということで・・・・
開封&作製動画 を撮ったので、見てくださいね。




IMG_0151.jpg
とりあえず・・・送信機で練習しながら・・・
次は、スマホに繋いで、撮影のほうもやってみたいと思います。

ちなみに・・・
購入時は、操縦MODEは1 になっているのですが
アプリで、MODE の切り替えができるようになっています。

IMG_0148.jpg
では・・・・
ポジティブシンキングで・・・・ww



戻る

 

この記事は http://nao358.jp/blog-entry-768.html でもご覧いただけます。

 

 
 

Advertising

キーワード検索

検索: