ログイン

ホームページ会員の方のログイン画面です。

アカウント
パスワード

Tom's Moderu ラヂコン記

On: 2017-12-31 03:56:55

MINI TS100デジタルOLED STM32チップサファイアバージョン
を買ってみました。。
本体7000円ぐらいで、これに 電源が3000円ぐらいですね~ 先っちょが交換できるのですが、
1本1300円くらいします。 あと、追加ケーブルや変換で・・・2万ほど・・・。。 の はんだごてです。
はんだに知識がなかったので、コーナン製の680円~1080円までのものしか使ってなかったのですが、
今回は、良さそうなものをと買ってみた感じです。

交換用の先っちょです。 7本全部買ってみました。
Ts100-01.jpg

細いものからナイフのようなものまで
Ts100-02.jpg
何に使っていいのかわからないぐらい先っちょありますw
さらに放熱用の先っちょもあるようですが、必要なら買おうとは思いますが、
この種類だけで充分事は、足りると思います。

アダプターを買っていたのですが、、、
Ts100-03.jpg
追加でラジコンのバッテリーから、電源取れるようにXT60のケーブルも買っています。
しかし・・・XT60って。。??? 写真で見てたので、行けると思っていたのですが、
うちにあるサイズは、どうやら、XT30というバッテリーだったので変換を作ろうと
コネクターも買ってきました。 2ピンにも変換できるようにと変換買いましたが・・・
最低電圧が、12Vらしいので、ツーリングやドリフトのバッテリーは、使えないことが判明。。

仕様はこんな感じです。
Ts100.png
型番はTS100です。
パワーは65Wみたいです。。。 いつも40Wのを買っていたのですが・・この数字が何かはわかっていません・・・
300度で普通に使えますので、アダプターだと 10秒ぐらいで使用可能になります・・・。(汗) 早い・・・

これが、本体です。 この他に説明書とネジがついてます。
Ts100-04.jpg
見た目めっちゃ小さいです。説明書は、英語とロシア語なので、読むのは無理でした。
電源入れたら、温度上がるよ~って 書いてるのだと思います。 ボタンを押すと
下げたり上げたりで 100度から400度まで調整可能です・・ 100度って 何に使うのでしょう・・。
あとパソコンにUSBでつなぐと 何かできるようなのですが・・・ 全くわからないので、そのままにしておきます。
はんだを設定するって・・・何があるんだろう。 熱かったら良いぐらいにしか思ってないので・・。

付属の1.5m六角レンチで先っちょ交換できます。
Ts100-05.jpg
すぐに、先っちょが 取り付けたり 外したりできそうです。 熱いときは 交換不能ですが・・・(;д;)<アタリマエ
5分ぐらいで冷えるのでそこから交換ですね~。 交換用のネジが2本ついてるの、なめてしまっても大丈夫そうです。

コーナンのはんだと大きさ比較
Ts100-06.jpg
少し小さいぐらいに見えるかもしれませんが、結構小さいです。
また軽いので使い勝手は良い感じです。

今までは握って使っていたのですが・・
Ts100-07.jpg
鉛筆のような感じで握って使えます。電源を入れても、青い部分は全く熱を持たないので、
持ちやすいです。また、付属の先がかなり細いので、小さい部品のはんだもやりやすいと思います。

早速コンセントから電源を取って作ってみました。
Ts100-08.jpg
ドローン用のXT30のケーブルに変換する為のものを作っています。
使いやすさでテンションが上がっていたのですが、偶然+、-を間違わないで配線しています。
間違ってもショートさせることはないのですが、色が気になるところでした。
ついでにアームも買っていたので、はさんで使うとはんだがかなりやりやすいです。
はんだをしていますと、いつも 手が3本いるやんと思っていたのが、解消されました・・。

これでドローンの3セルバッテリーが使えそうです。
Ts100-10.jpg
すごくコンパクトなんで、持ち運びも便利そうです。 ドローンだと外ではんだ付けの日が来るかもしれないので
バッテリーからつなげるようになると、どこでも使えそうです。 時々ツーリングでも はんだが取れたり
モーター変えるときに、外したくなる時があるので、出番が出てきそうです。

恐る恐るつなげると・・。
Ts100-09.jpg
ばっちり 300度です。使えそうです。配線も細く短くなるので、バッテリーからでいいかな??
って思ってしまいます。専用で小さい4セル買ったら便利かな~なんて・・・。
てか はんだにいくらつぎ込むねん・・・。
ちょっと高いですが、満足のいく商品だと思います。

戻る

 

この記事は http://toms-rc.jp/blog-entry-1051.html でもご覧いただけます。

 

 
 

Advertising

キーワード検索

検索: