ログイン

ホームページ会員の方のログイン画面です。

アカウント
パスワード

ひ~ちゃんの小さな宝物

On: 2014-03-01 04:03:00

私のダイエットした経緯・・・私は10年前ぐらいまで80キロあった・・・娘はその頃小学生。小さいときはどこに行くのも私を追いかけてきて手を繋いで出かけるのが一番好きだった~ウリ親子と異名がつくほど似ていることも、娘にとっても私にとっても嬉しく思っていたのだ・・・ただ、だんだん成長するわが子が周りを気にして私と歩く時も一歩遅れて歩いたり・・・そんな娘も自分の体形を気にするほど大きかったのだ・・・小学校での娘はビック・ピンク・ピック(大きいピンクブタ)と呼ばれたこともあったようだった・・・【続きは次回ね!】

Read More

ひ~ちゃんの小さな宝物

On: 2014-02-28 05:55:00

約15年前ぐらいから仕事が忙しく寝る暇も惜しんでいるころ・・・本当に寝る暇を更に削って毎日少しづつ組み立てていたミニチュアフィギア(it’s a small world Figure)~私のストレスの解消の時間だった~(笑)フィギアケースにところ狭し・・・と並んでいる小型の世界を見るのが楽しみだったけどある時から一斉に片付けることになった・・・!そこから既に8年間、眠っていたフィギアたちを今、順番に起こしているよ~レアなフィギアも沢山で、私のようにマニアな方でなくても昔懐かしいものが続々!!近々、順番に写真付きでご紹介しますね!!お楽しみに~!!

Read More

知りたがりや こんなんありました!

On: 2014-02-27 22:45:00

役者ぞろいです、是非見てやっくださいね。

Read More

いつも笑顔で

On: 2014-02-27 16:40:00

今考えてます!リピート!!

Read More

いつも笑顔で

On: 2014-02-26 11:07:00

その前にPM2.5と思われるのかめっちゃ外が白く感じる!PM2.5について少しだけ環境省から大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことで、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた浮遊粒子状物質(SPM:10μm以下の粒子)よりも小さな粒子です。PM2.5は非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が心配されています。PMの大きさ(人髪や海岸細砂)との比較(概念図)(出典:USEPA資料)人の呼吸器と粒子の沈着領域(概念図)粒子状物質には、物の燃焼などによって直接排出されるものと、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、揮発性有機化合物(VOC)等のガス状大気汚染物質が、主として環境大気中での化学反応により粒子化したものとがあります。発生源としては、ボイラー、焼却炉などのばい煙を発生する施設、コークス炉、鉱物の堆積場等の粉じんを発生する施設、自動車、船舶、航空機等、人為起源のもの、さらには、土壌、海洋、火山等の自然起源のものもあります。これまで取り組んできた大気汚染防止法に基づく工場・事業場等のばい煙発生施設の規制や自動車排出ガス規制などにより、SPMとPM2.5の年間の平均的な濃度は減少傾向にあります。PM2.5の生成メカニズムPM2.5質量濃度の推移(平成13~22年度)(出典:微小粒子状物質等曝露影響実測調査)

Read More

 

 
 

Advertising

キーワード検索

検索: