ログイン

ホームページ会員の方のログイン画面です。

アカウント
パスワード

知りたがりや こんなんありました!

On: 2014-02-27 22:45:00

役者ぞろいです、是非見てやっくださいね。

Read More

いつも笑顔で

On: 2014-02-27 16:40:00

今考えてます!リピート!!

Read More

いつも笑顔で

On: 2014-02-26 11:07:00

その前にPM2.5と思われるのかめっちゃ外が白く感じる!PM2.5について少しだけ環境省から大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことで、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた浮遊粒子状物質(SPM:10μm以下の粒子)よりも小さな粒子です。PM2.5は非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が心配されています。PMの大きさ(人髪や海岸細砂)との比較(概念図)(出典:USEPA資料)人の呼吸器と粒子の沈着領域(概念図)粒子状物質には、物の燃焼などによって直接排出されるものと、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、揮発性有機化合物(VOC)等のガス状大気汚染物質が、主として環境大気中での化学反応により粒子化したものとがあります。発生源としては、ボイラー、焼却炉などのばい煙を発生する施設、コークス炉、鉱物の堆積場等の粉じんを発生する施設、自動車、船舶、航空機等、人為起源のもの、さらには、土壌、海洋、火山等の自然起源のものもあります。これまで取り組んできた大気汚染防止法に基づく工場・事業場等のばい煙発生施設の規制や自動車排出ガス規制などにより、SPMとPM2.5の年間の平均的な濃度は減少傾向にあります。PM2.5の生成メカニズムPM2.5質量濃度の推移(平成13~22年度)(出典:微小粒子状物質等曝露影響実測調査)

Read More

いつも笑顔で

On: 2014-02-22 18:30:00

ちょいと一息!

Read More

ひ~ちゃんの小さな宝物

On: 2014-02-22 01:30:00

こんなカップ&ソーサーでティータイムはいかがなものか。ソーサーの材質は一般的に陶器や磁器。その他、ステンレス、鉄、銅、ピューター、真鍮、アルミなどの金属製や木製もある~しかし、このソーサーは漆塗り~!!随分昔につくられたもののようだが、凄い表現と感性だね~!!ティーカップの表現とこの革命的なソーサーには感動です。【豆知識】西欧にコーヒーや紅茶が入ってきた頃は、カップもソーサーも小型だったらしい。またその時代、カップの中身をソーサーに移してから飲む習慣だったらしく、この頃のソーサーは、その口径の割に深さがあるという構造を持っているのが特徴で、ソーサーに液体を溜めやすいようになっていたらしいよ~ 現代は、ソーサーに移してから飲むという習慣がなくなったために、ソーサーは、あまり深さを必要としなくなったんだって~【次回もお楽しみに!】

Read More

 

 
 

Advertising

キーワード検索

検索: